撥水ファンデ グロスフィルムファンデーション

誕生秘話

グロスフィルムファンデーション

7つのこだわりでストレスフリー 肌にのせると水に変わる新感触

ある日、ブランドディレクター瀬戸口は界面活性剤フリーが叶う新世代乳化技術と出会います。この日から、「つけ心地の軽さ」と「高いUVカット効果」を両立した日焼け止めの開発がスタート。当初は、つけ心地を優先するとSPF30前後が限界……。ところが、何度も試作を重ね、最後に完成した試作が国内最高基準値の「SPF50+ PA++++」の数値を叩き出したとき、瀬戸口は鳥肌が止まらなかったそうです。のちに「瀬戸口めぐみの鳥肌事件」として、社内に語り継がれています。
「日焼け止め=夏に使うもの」ではなく、ストレスフリーでオールシーズンお使いいただけます!


テクスチャー以外でも、
毎日使いたいと思える日焼け止めを追求した結果、
7つのフリーが叶いました。

激売れトピックス

ウォータリーUVジェルの2020年6月の自社通販での売上げが、なんと前年比約1.6倍に!(シリーズ累計売上金額)
新商品でもないのに大ヒットした理由は、マスク生活の影響でした。マスクによる肌荒れやベースメイクの崩れを「どうにかしたい!」と、ベースメイクの情報を探す方&メイクを見直す方が増え、崩れにくく下地代わりとしても使える日焼け止めの需要が高まっています。
SNSでは、「本当に水みたいに軽くてストレスない」「日焼け止めの概念が変わりました」「メイク前に塗ると持ちも良くなり最高です!」など、つけ心地の良さと化粧下地としての優秀さを絶賛する声が続々!

オンラインショップへ