自分の手は、世界のひとつの美容ツールです

肌の上ですべるミルクにした理由

 くちびるは顔のパーツの中でも女性らしさや感情を表すパーツ。潤いと血色感があれば元気に見えますし、荒れたりカサついていると「元気がないのかな?」と思わせてしまうことも……。また、デジタルコミュニケーションが日常化している現代では、口周りの筋肉を使うことが減り、口輪筋が下がったり疲労している人が多いのも事実です。そんな、コンディションのバロメーターのような役割を果たすくちびるを「ケア」しながら元気に見せてくれるリップ、開発はここからはじまりました。

「もともと、私自身、エステで施術する際はマスクを着用していることもあり、口紅をつける習慣があまりありません。そんな人でも何気なく手に取ってもらえるよう、リップクリームのように頻繁に塗りたくなる口紅を目指して作りました」(瀬戸口)
 発想の入り口は、エステでのリップトリートメント。
 バームとオイルをくちびるのコンディションに合わせてブレンドし、ラップとホットコットンでスチームケアし、デリケートなくちびるに潤い成分を浸透させます。
「エステでのリップトリートメントを1本の口紅で叶える。そのために配合したのが、アボカドオイルやシアバターなど10種もの形状の異なるオイルでした。シアバターのように硬いテクスチャーは乾燥しやすいくちびるに保護膜を作ってくれますし、ホホバ種子油のようにさらっとしたオイルは、カサついた唇にすばやく潤いをチャージしてくれます。くちびるはターンオーバーが肌よりも早いためデリケート。いかに優しく潤いで満たすかに注力して開発を進めました」(瀬戸口)

いくつもの中から厳選されたオイル。それぞれ感触や、特徴の違いを見定めながら、独自のバランスで配合。

いくつもの中から厳選されたオイル。それぞれ感触や、特徴の違いを見定めながら、独自のバランスで配合。

いくつもの中から厳選されたオイル。それぞれ感触や、特徴の違いを見定めながら、独自のバランスで配合。

いくつもの中から厳選されたオイル。それぞれ感触や、特徴の違いを見定めながら、独自のバランスで配合。

 その結果、10種類のオイルのほか、ビタミンやセラミドなど全20種類もの保湿成分が加わりました。
「保湿成分が限界を越えると固形としての形状を維持できないため、配合のバランスにこだわりました。そのためくちびるとのフィット感が繊細な艶となり、明るさがプラスされたくちびるに。リップって、女性に生まれてよかったなって思えたり、メイクするワクワク感を思い出させてくれるもの。自由に感性を表現して欲しいし、表情にスイッチを入れるように、心にリップという感じで。きっと今の気持ちにフィットする色が見つかるはずです」(瀬戸口)

マイファンスィー リップ スティック

20種のスキンケア成分*でくちびるをケアしながら、
見たままの色で美発色するリップスティック。
くちびるに軽やかにフィットして、しっとり艶やかに彩ります。
*保湿・整肌成分

マイファンスィー リップ スティック

20種のスキンケア成分*でくちびるをケアしながら、
見たままの色で美発色するリップスティック。
くちびるに軽やかにフィットして、しっとり艶やかに彩ります。
*保湿・整肌成分